アルバムリスト
アーティストリスト
2015年4月4日(土)発売:予約受付中

石若駿 卒業記念アルバム「Boys featuring SHUN」

石若駿 卒業記念アルバム「Boys featuring SHUN」

  • 01 The Boomers
  • 02 あの頃
  • 03 Chicken Dog
  • 04 Ellen David
  • 05 Drum Solo
  • 06 Nefertiti
  • 07 Last Year
  • 08 Y
  • 09 Someday My Prince Will Come

STLR-011

¥3,000+税

発売元:株式会社ラルゴ音楽企画

※全国レコード店、またはスタジオ・トライブ店頭でも販売しています。

カートに入れる

Boys featuring SHUN:TOP
Boys featuring SHUN:ライナーノーツ
石若駿インタビュー
Liner Notes (Sound Director:金澤英明)

石若駿 卒業記念アルバム「Boys featuring SHUN」ライナーノーツ

1. The Boomers
石若駿作曲。
かつてBoys Trioの第1作『月夜の旅』にも収録した。今回は類家心平、井上銘、高橋佑成が参加し、ひと味違う斬新なサウンドになっている。
2. あの頃
金澤英明作曲。タイトルはプレイバックを聴きながら考えた。その時、あの頃の風の匂いを感じたから。
3. Chicken Dog
ジョン・スコフィールドの曲。井上銘と共演する際に良く採り上げるレパートリー。ピアノは高橋佑成。石井彰とはまた違ったアプローチで面白い。
4. Ellen David
大好きなチャーリー・ヘイデンの曲。シンプルな骨格でできているが、奥行きの深い曲。
5. Drum Solo
駿に「好きなように叩け」といったらこうなった。
6. Nefertiti
ウエイン・ショーターの名曲。いつか必ずやりたいと願っていた。この曲を一緒にできるドラマーの出現をずっと待っていたのである。
7. Last Year
石若駿の曲。井上銘とのトリオで良く演奏していた。今回は、石井彰と類家心平が加わったことで、より立体的なサウンドになった。
8. Y
イーディー・ゴーメがトリオ・ロス・パンチョスとレコーディングしているロマンチックなバラード。石井のイントロ、類家のメロディ、ともに気持ちが良くて好きだ。
9. Someday My Prince Will Come
沢山のバンドで数知れず演奏されてきた名曲。本来はワルツだが、Boys Trioでは、3/4と4/4を交互に演奏するスタイルにしている。Trioのみのメンバーで、最後を締めくくった。
Studio TLive Records(スタジオトライブレコーズ)TOPへ